nam-tour3

海外で安く仕入れる為に多くのバイヤーが集まる国は中国だけではりません。この東南アジアの中心に位置するタイも、世界各地のバイヤーが集まる国でバンコク市内であっても至る所にマーケット(市場)が存在しています。

タイで仕入れるメリット

中国とは違いタイではオンラインでの仕入れが現在のところほとんどありません。だからタイの仕入れは基本的には現地を訪問しなければいけないので、ライバルの数が一気に少なくなります。

ハンドメイド バッグまたタイ人はとても手先が器用なためハンドメイド商品、縫製品の品質が高く、手作業で製造するために小ロットでも仕入れる事が出来るのです。

品質が高いだけでなくデザイン性にも優れ、日本のセレクトショップのバイヤーもタイのマーケットで沢山の商品を買い付けています。

タイの仕入れで特に強いもの

タイ仕入れ 強い商品

・アパレル
・シルバー
・アクセサリー
・革製品
・雑貨
・ハンドメイド製品
・縫製品
・工芸品

これらの商品はタイで仕入れるメリットがあります。

逆に「プラスチック成型品」、「電化製品」などは中国で仕入れるほうが向いている商品です。
タイにもこれらの商品はマーケットにありますが、多くが中国からの輸入品となっています。

安くバリュエーションが豊富な商品ラインナップ

タイの商品は仕入れ代金が安いだけでなく、品質が高く、バリュエーションも豊富にあります。

もし現在の商品ラインナップが中国製品に偏っている、または欧米の商品に偏っているなど、商品ラインナップが固定化され売上が伸び悩んでいる場合であれば、

タイの品質の高い商品ラインナップを増やせば新しいお客を獲得できるでしょう。

バリエーション

仕入れのハードルが低い

nam-tour1中国での仕入れは英語は全く通じませんが、タイではマーケットによって英語が一部 通じます。それだけ海外からのバイヤーも多く、ショップの人たちも外国人の対応に慣れているのです。

※数量ディスカウントくらいなら英語が通じる場合がありますが、商品の細かい仕様決定などはタイ語の通訳は必須となります。

更にタイは微笑みの国とも言われているほど、人の性格も温和で接しやすいのが特徴です。またそれだけではなく、仕入れロットが低いので3個から卸価格で購入出来たり、10個からOEM商品が作れたりもします。

中国の場合は小ロットといえど最低500個~1,000個の仕入れが必要と言われていますので、これに比べれば仕入れのハードルはとても低いと言えるのではないでしょうか。

仕事だけじゃなくエンターテイメントも

タイ料理

タイという国は日本に比べてまだまだ物価が低く、食事やエンターテイメントを格安で楽しむことが出来ます。タイ料理といえば辛いというイメージがあるかもしれませんが、外国人向けのタイ料理店では辛さを抑えて味付けもマイルドになっています。

日本人でも食べやすい味付けにもなっていますので、タイ料理にハマる人は沢山います。

またマッサージも1時間 300バーツ(約1,000円)と非常に安いです。日本だと1時間5,000円はするでしょうからこの金額だと滞在中は毎日通えますよね。マッサージで仕事で疲れた体をすっきりと揉みほぐしましょう。

パタヤ更にビーチも近くにあるので、仕事(仕入れ買付)が終わってから小旅行も出来ます。

海辺でリラックスして料理やお酒を楽しむのもタイで仕入れをするという醍醐味ではないでしょうか。



その他、火薬の量を減らしていない(正規の弾薬)ガンシューティングや、地上63階のスカイバーでバンコクが一望できる夜景を楽しんだり、お寺巡り、パワースポット巡りの観光もとても人気があります。

私たちのお客様でも一度タイ仕入れに来られた方の満足度は非常に高かく、仕事だけでなく遊びも楽しめるところがタイ仕入れの良いところです。

タイ エンターテイメント

まだタイに仕入れに来たことがないというのであれば、是非一度 タイに来てみてください。売れる商品・新しい商品ラインナップを探したり、オリジナルブランドの作成も出来ます。そしてリラックスや遊びも含めてタイの仕入れを楽しみましょう。