最近の私たちのタイ仕入れツアーではアパレル商品の仕入れを希望されるお客さんが多いです。アパレルという流行り廃りがある業界でどのように仕入れや販売をしていったら良いのか?

以前、タイでのアパレル仕入れについて書きました。

【関連記事】タイでアパレル商品を仕入れる時の注意点!Tシャツやサルエルパンツ以外で狙い目商品を選ぶ方法と販売の考え方とは?


今回は別の視点からタイのアパレル仕入れの戦略についてお話をしていきたいと思います。

アパレル転売について

初めてタイで仕入れて販売するという人の多くは転売から入ります。転売は始めやすく難易度もそれ程高くないビジネスモデルなので売れる商品さえ分かれば誰でもソコソコの利益を得ることが出来ます。

しかし誰でも始めやすいからこそライバルも同様に簡単に始めていきます。タイで仕入れた商品をメルカリやヤフオクのみで販売していくとライバルとの差別化が必須になってきます。

現在多いのはTシャツやサルエルパンツ(タイパンツ)ですね。原価も安く特徴的なデザインも多い。

またTシャツはもちろん日常的に着るものでスタンダードですし、タイパンツも認知や人気がある商品です。

最近ではカゴバックもマーケットで取扱店舗数が増えている事から需要の多さが伺われます。

これらの商品の転売は現時点ではまだやりやすいかもしれませんが、次第にライバルが多くなっていくので別の事をやらなければ生き残る事は難しいでしょう。

セレクトショップで売る

ネットやリアル店舗でアパレルの専門店を営んでいるお客さんが私たちのツアーに参加してくれます。お客さんの商品目利きにより、ターゲット層にヒットしそうな商品をタイのマーケットに来て仕入れていきます。

タイのマーケットでは無名だけど可愛らしい商品が沢山あります。中にはブランドとして高い価格で売っている商品もありますが、多くはTHB200-300ほどで仕入れられるものばかりです。

最近だと日本の大学が休み期間という事もあってか、マーケットのアパレルショップで仕入れ交渉をしているときに後ろや店外から「可愛い〜、これ良い〜」などの日本語をよく聞きます。

それくらいデザインやセンスが良いものが低価格でマーケットに並んでいます。

何を買う + 誰から買うか

現在ネットでアパレルを買う手段は沢山あります。ZOZO TOWNでブランドも買えるし、楽天やユニクロで一般的なものも買うことが出来ます。またメルカリで割と新しいセカンドハンドのものも買うことが出来ます。

これらのネットショップやフリマアプリで色んなアパレル商品が買えるのに、なぜお客はあなたから買わなければいけないのか?

価格の安さ

まず転売などで利益をちょこっと出す場合は、価格の安さだけで勝負をする事が出来ます。例えばこれらの服であれば仕入れ値はTHB 180(約620円)くらいです。

若者向けであったとしても1,280円 〜 1,980円ほどで売れるのではないでしょうか。

中には980円で販売する人もいるでしょうが、このように価格を安くして商品写真とサイズや素材を簡単に説明してポンと置いているとこのデザインと価格に興味のある人は買っていくでしょう。

ですがこの方法は誰でも真似できる方法なので利益は大きくとれずにライバルも増えやすい。その為 メルカリなどでの転売だけではなく自分のブランドショップの構築も頭に入れておかなければいけません。

認知・接触頻度

売り場をメルカリだけにしておくのではなく、自社のショップ、ブログやSNSを連動させて商品を見込み客にアピールしていきます。

商品が良いにもかかわらず、売れないという理由の多くは単に知られていないからです

SNSでフォロワーを増やす、又はフォロワーの多い人に協力をしてもらい多くの見込み客へアプローチをします。

認知や接触頻度が増えるとお客はあなたから買ってくれる確率が上がります。

ファンである

セレクトショップの場合、取扱商品のデザインや品質はもちろんあるのですが、この人がオススメするのであればっとファンの人が買っていく場合があります。

現在では何を買うにも「信用」が求められる時代です。

またひと昔前に比べてアプリがここまで発達しているので、利便性に加えて販売者のキャラやサービスがライバルとの差別化材料となってきています

ファッションコーディネートのアプリは沢山あり非常に便利で参考にはなりますが、ここに人を介在させる事によって差別化にもなると思います。

上述もしているようにブログやSNSで見込み客達との交流がこれからのアパレル販売の成功への分かれ道ではないでしょうか。

トレンドにもちゃんと乗る


ファッション・アパレルという業界には財布などの一般的な革製品の取り扱いとは違い、流行があります。しかもその変化は非常に早い。

パリコレなどのファッションショーがその年の流行を決めていたりするのでしょうが、その年、その季節の流行があります。

流行・トレンドを気にせず自分が売りたい商品だけを売るというのも悪いことではありません。

しかしトレンドも上手に取り扱う事が出来れば、売りたい商品も合わせて売れていく可能性があります。

なぜならトレンドは多くの人たちが色んな雑誌やメディア、街中でのショップや一般人の服装の変化で目にしており、それに少なからず影響をされているからです。

トレンドに沿った商品は、言わば売れる商品です。「売れる商品」と「売りたい商品」というのは違う場合もあったりしますが、事業を継続していくためには必要であると私は考えます。

フリマアプリが日本の消費の傾向を変えた

若者の女性向けの場合、最新ファッションのアパレル(主にブランド品)を購入して1〜2回だけ着てインスタで写真をアップして、メルカリに販売するという流れがあります。

この層を狙うのではなく、メルカリでUSED(中古)でもOKという層が現代ではかなり多くいます。特に10代〜20代の女性で。

そしてメルカリとかフリマアプリの問題で取り上げられたのが、古過ぎる商品や中国製品の安い低品質のものがあり、モデル写真の良さから衝動買いをしてしまう。

商品が届いたらやっぱり値段通りのヒドイ商品だったというのがあります。

ここにタイの新品のトレンドに沿ったアパレル商品はハマると思います。タイの商品は低価格でありながら縫製もデザインもしっかりしている。

ここに新品で、この価格!というのを打ち出して中古品との差別化ができるのではないでしょうか。

アクセサリーで利益をとる

アパレルを扱うという事はファッションを扱うという事です。ファッションは服装だけではありません。靴や装飾品も含まれます。

タイ仕入れで言えばシルバーアクセサリーは利益が取りやすい商品の一つです。

しかし、これもタイ仕入れが流行るとライバルが増えていくのでシルバーアクセサリー単体では利益が取りにくくなっていくのですが、アパレル商品と組み合わせた場合にその価格競争は少なくなるでしょう

自分のネットショップやブログなどで販売する時や、フリマアプリで販売する時でも服とアクセサリーを個別で売りながらもセットでも提案する事が出来ますよね。セットだとお得な価格帯にする事だって出来ます。

この時のメリットは単体だと簡単に価格が比較されますがセットだと価格の比較に一手間 掛かるのです。

この手間が思考の邪魔をしてお客から問い合わせしてもらいやすくなったり、購入につながったりもします。

まとめ

アパレルはタイ仕入れで注目される商品のひとつです。でもそれを転売で終わらせるのではなく、戦略を持ってどのように展開していくかまで考えて仕入れをしていくと中長期的にビジネスを継続していく事が出来るのではと思います。

タイ仕入れツアーのお申し込みはこちらから

タイ 仕入 ツアー