タイで仕入れる商品の中でオススメのカテゴリーの1つがアパレルです。Made in Thailandのアパレルは生地や縫製の質も良く、また優れたデザインのものもあります。

私たちもタイ仕入れツアーを実施しているなかでアパレルに興味を持たれる参加者様が多いことを認識しているのですが、初心者がタイでアパレル商品を仕入れるにはちょっと注意点が必要かなとも思います。

今回はそのアパレルを仕入れる時の注意点についてお話ししたいと思います。

様々なアパレル商品が溢れかえっている

タイのマーケットに行くと様々なアパレル商品が並んでいて、その情報量の多さに何を仕入れて販売したら良いのか迷ってしまう人は少なくありません。

その迷った挙句、自分が欲しい商品をつい選んでしまう。お客やライバルの事も考えずに商品を仕入れてしまうととても危険です。

その商品はユニクロに勝てるのか?

タイでは、よくある黒のタイツやパンツ、スウェットみたいなものも仕入れる事が出来ます。これらの汎用性の高いアパレル商品、いわゆるマスマーケットを狙った商品であり もろにユニクロとバッティングします。

確かにこれらの商品は沢山の人が一般的に着用するもので市場が大きいです。タイで仕入れられる価格はTHB200-350くらいなので価格勝負をする事も出来なくはないですが、ユニクロと価格勝負をするというのは(経営)戦略としていかがなものかと思います。

メルカリでの取引No.1実績はユニクロです。ユニクロの通販で購入したユーザーが試着して不要だったらユニクロに返品かメルカリで売るという傾向がありますので、メルカリでのユニクロ商品の流通と対抗する事になります。

おこずかい稼ぎくらいであれば良いかもしれませんが、自分のビジネスをする!生計を立てる!と考えている方には、この選択肢は私たちはお勧めしません。

では何を仕入れるの?

サルエルパンツを仕入れる

タイでのアパレル仕入れの代表と行っても過言ではないものにサルエルパンツがあります。日本でも人気があり冬以外で売れます。これは分かりやすい例なのですが、アパレル商品として特徴のあるものは狙い目です。

サルエルパンツにもコットン素材のもの、レーヨン素材のもの、シンプルなデザインのものや、かなりエスニックな感じのものもあります。

Tシャツを仕入れる

タイ仕入れでリサーチをするとTシャツ仕入れを推奨しているところが多くあります。確かにタイのマーケットで仕入れるTシャツの価格はTHB100-300ほど。

このTシャツはTHB150で仕入れられます。

他にも可愛いデザインのものや面白いデザインが描かれたものもあります。中には人気アニメのキャラクターを描いているものもありますのが著作権に引っかかるものは気をつけましょう。

原価率を考える

Tシャツ仕入れのメリットはそもそもの仕入れ値が安く、デザイン性もあるから売値をそこそこ高く設定する事も出来ます。THB150(約500円)で仕入れたものを2,980円で売ると原価率が約17%。

アパレルの仕入れ販売でこの原価率なら悪くないと思います。理想は10%以内に抑えたい所ですが、製造でなく仕入れでは難しいかも知れません。

種類、サイズ、カラーを揃える時の注意点

アパレルを仕入れる時に必ず出てくるのが「サイズ」と「カラー」を選ぶ事です。各デザイン(種類)でサイズとカラーが出てきますので、全てを取り揃えるとなると多くの在庫を抱えることになります。

余談ですが、私(飯野)は過去にアメリカのスポーツアパレルの日本総代理店として活動していた時期があり、苦しんだのがこの種類・サイズ・カラーの在庫です。総代理店だったので全ての品目を仕入れないといけなかったのですが、売れていくのは売れ筋商品だけでした。他の商品は滅多に動きません。

品揃えの多さで客の注目を集める事は出来ますが、これは資金がないと出来ないと非常に厳しいです。ちなみに当時の仕入れ原価率は30%を超えていました。。無知だと失敗します。。

デザインを目利きする

アパレルでもどういうデザインがお客に求められるのか。これはセンスでもあるのですが、いかに販売するマーケットを知っているかにも関わります。

例えばアパレルが大好きで常にファッション雑誌を見ている人と、アパレルが儲かるという事に意識が向き 自分の興味のある服だけを仕入れる人がいたら確実に前者の方が売れるアパレルを選ぶことが出来ます。

日本で販売するのであれば、日本でどのようなファッションがトレンドになっているのか、似たようなタイプはないのか、素材はどういうものが良いのかなどをしっかりとリサーチをしなければいけません。

タイのマーケット・仕入市場では明らかに日本人向けではなく、外国人やタイ人向けのアパレルもありますのでやはり、誰がお客になるのかを理解していなければいけません

タイのアパレル仕入れで勝つ為に知るべきこと

ライバルについて

現在、弊社のタイ仕入れツアーに参加して頂くお客様やリピートして頂けるお客様も多く、タイ仕入れが以前より注目されていると実感します。

また私たち以外にも仕入れのガイドをしている個人や業者も他に多くいるので競争はこれからどんどん増えていくでしょう

仕入れ力について

ビジネスにおいて大切なのは、お客が欲しい商品を手配する事。商品力がとにかく大切です。またその時に意識をしなければいけないのがライバルの存在です。

ライバルが同じ商品を扱う事は十分にあり得る話。この時にいかに差別化を出来るかが色々と試行錯誤をしなければいけません。単なる転売ではライバルに埋もれていく可能性は非常に高いのです。

販売力について

上述したようにライバルも同じ商品を扱うようになり、商品で差別化をする事が出来ない場合は販売力で差をつけなければいけません。

ZOZOTOWNが分かりやすい例ですが、当初 彼らはユニクロには対抗せず汎用品を避けて、各アパレルブランドのインターネット通販に特化しました。そこからサービスとして「試着」や「ツケ払」いなどを追加していきます。

扱っている商品は他のショップなどと同じ。しかし圧倒的なネットでの販売力で他のアパレルショップの先頭を走っています。

商品力以外にも販売力をつける努力をしなければ、今後増えていくライバルとの競争で苦戦していくかもしれません。

商品力と販売力について

私(飯野)の個人ブログにこの事について特集的にコンテンツを記載していますので、お時間があればこちらもお読みいただければと思います。

特集コンテンツ


※別サイトに移動します。

まとめ

タイのアパレル仕入れ・販売はこれから更に増えていくと思います。そして、それらを日本の大手企業を含め、また同じくタイ仕入れをするライバルとどのようにして差別化するかも考えなければいけません。

単に仕入れてメルカリやヤフオクなどで販売するという転売だけでは長く続かないと思います。

初心者がいきなりビジネス構築をするのはハードルが高いとは思いますが、全体的な流れとしてこのような視点を持ってマーケットで立ち回るのと、単に転売しか頭にない状態でマーケットを歩き回るのでは違うと思います。

タイでアパレル仕入れをする時は今回のお話しを常に意識をして頂ければと思います。

タイ仕入れツアーのお申し込みはこちらから

タイ 仕入 ツアー