ハンドメイド

お客様の欲しい価格で商品を提供するためには当然のことながら製造原価を下げなければいけません。その為には商品内容によりけりですが人件費の安い海外での製造がキーポイントになります。

私たちはタイ企業の工場で日本のお客様が満足する品質の基準を明確にしたうえで、商品製造に取り掛かります。商品仕様書をタイ人の工場担当者でもわかるようにタイ語で作成し、徹底した品質管理を行います。

小ロットオーダーの対応も可能

一般的にタイの工場では中国の工場とは違い、最初から1,000個、3,000個の製造ロットを依頼する必要はありません。商品にもよりますが50個 – 500個の小ロットからも製造してくれる工場はございます。

テスト的に販売するのであれば小ロットで製造し、本仕入の時にはコストを検討したうえでロット製造に取り掛かるという事も出来ます。

タイで製造するメリット

現在 タイに進出してきている製造業の会社は約5,000社にまで上ります。約15年前では海外で製造工場を立ち上げるといえば中国でした。しかし当時に比べて中国、特に上海の人件費は3倍にまで膨れ上がっています。

タイにおいても昔に比べてタイ人の人件費も上がっているのですが、最低賃金がTHB300/日(約1,000円)とまだ低い水準にあります。

またタイ人は手先が器用であり縫製や成型も高いレベルで仕事をしてくれるので不良品率も低くいので、無駄なロスを除き製造コストダウンを図ることが可能です。

OEM サービス手数料

1.導入コンサルティング:THB 5,000/案件
・日本人担当者よりお客様に希望の商品内容をSkypeにて約30分コンサルティングします。

2.市場調査手数料:THB 10,000/案件
・タイの工場をリサーチしおおよそのマーケット価格を入手します。
・市場調査後お客様にフィードバック。
・ご希望の条件に合う場合は工場訪問交渉へと進みます。

3.工場訪問・交渉手数料:THB 25,000/案件
・日本人担当者とタイ人担当者が2名で工場にて交渉を実施します。案件によっては2-3回工場に訪問しお客様の希望条件に可能な限り近づけるために交渉することになりますので、結果が出るまでお時間がかかる場合もございます。


※お支払いは全てPaypal決済となります。
※商品によってはご希望の条件と合わない場合がございます。実際にOEMの依頼を頂く前に導入コンサルティングをお勧めします。

製造業者選定から貨物出荷までの流れ

1. クライアント様から製造希望商品 及び条件のヒアリング

2. 電話にて各工場に問い合わせ、お客様へフィードバック

—市場調査完了—

3. 工場にて担当者とミーティング。仕様・納期の確認、価格交渉

4. 製造工程の確認

5. 製造中の品質管理

6. 出荷前の検品作業

7. 出荷準備完了

OEMサービスのお問い合わせ









※申し込みの確認画面は表示されませんので、送信ボタンを押す前に内容を再度ご確認願います。