【Rare】Vegetable Tanned Crocodile Leather! Report Crocodile Farm and Factory in ROIET – Thailand

Crocodile Leather クロコダイル 革製品

Crocodile leather goods are very popular item in our tour. In this purchasing tour, we always explain how good the crocodile leather is.

The more you know about Leather goods and crocodile leather, the more you will be attracted for these leather products.

In this time, we went to the crocodile farm in Roi-Et in the Esarn region located the northeastern part of Thailand to study of further explanation of crocodile leather.

Roi-Et in Thailand

It is Esarn reign in the northeastern part of Thailand. Our Tour guide Nam is also from Roi-Et. It’s about an hour from Bangkok (Don Muang Airport) to Roi-Et airport by airplane. And it takes 7 to 8 hours by driving a car.

Roi-Et has its industry as a crocodile farming area, and there are more than 60 crocodile farms in the prefecture.

Welcomed by Chairman of the Crocodile Association


When arriving at the airport, Roi-Et crocodile association chairman welcomed us, which made us surprised with great appreciation.

Visit Crocodile Farm in Roi-Et

After arriving at Roi-Et, we moved to visit the crocodile farm immediately. The first one is a Thai old couple farm who runs for many years.

Looking cool crocodile farmer.

There are many rooms for one crocodile. This is to prevent scratch on the crocodile’s stomach leather by fighting and accidents with breeding in a group.

This single space for crocodile is not cost effective so that the beautiful belly leather value and price will rise.

Explanation by the Chairman

The chairman explained about his hot crocodile.

In this farm they are cultivating about 700 crocodiles.

Crocodile Dad and Mom

Crocodile is laying eggs at the time of spring once every year. It is said to lay 30 to 40 eggs per head. We lay eggs at the soil on the side of the pond. Place the eggs in a hatching machine and artificially hatch them.

In the aquaculture farm, a harem state where 5 females are applied to 1 male. There were 6 males and 30 females in this farm, and among them there was a hierarchy. Is this the same in any society?

Crocodile Baby


A few months after hatching, is very small and cute. A small space is enough for growing them up.

After a couple of month

After a couple of year

Generally it will leather when it is about 3 to 4 years old. If it becomes too large, the pattern of the stomach becomes too large and it becomes unsuitable for bags and wallets.

Feeding to Crocodile

We Feed chicken with bone. It chews but chewing is less and sweating like a snake. According to the farmer, it does not eat so much in this season. 7kg of chicken meat with born is enough for 20 crocodiles.

Visited the Leather tanning factory

After having the crocodile farm visited all the way, we had him visit the processing factory the next time.

About Leather Tanning

The state of raw skin after peeling off from the slaughtered crocodile is very fast to rot. The tanning is the process to make leather have durability and flexibility.

Vegetable Tanning Process

The material of tanning is made by sap of tree. It melts it in water and tan the skin. It is a tanning method with a long history with good environment because it uses natural things.

It takes time and effort, but after tanning it will be a natural white color called “Wet White”.

Putting the color on the leather is not as good as Chrome tanning, but leather will be aging and unique taste comes out.

Chrome Tanning Process

It is a method of tanning leather using chrome which is chemical. By using chemicals you can easily tanner the skin quickly at low cost.

We call leather tanned with chrome tanning wet wet blue. It is characterized by color fixing well also water and scratch resistance. Most of the crocodile leather in the Thai market is due to chrome tanning.

Wet White & Wet Blue

Right: Wet White(Vegetable Tanning Process)
Left:Wet Blue(Chrome Tanning Process)

Difference between Siamensis and Caimaninae

Crocodiles include crocodile family, alligator family, gabiar family. Crocodile leather on Thai market is generally Crocodile and Caiman.

The crocodile in Thailand is called Shamwani, and Siam means Thai. Unlike Crocodile Caiman is generally traded at cheap prices.




The thing you need to be careful about when purchasing crocodile products is to accidentally purchase cheap caiman as crocodile.

It is illegal to also sell Caiman erroneously as crocodile.

How to find the difference Siamensis and Caimaninae

Siamensis back side

The shape of Cobb in the back and neck of Shamwani is like a picture. It is a feeling that this Cobb is a single body.

Caimaninae back side

Caiman’s back – neck original Cobb has such a round shape. Also Cobb and the following dorsal fin are connected.

Also in the belly leather Caiman is dotted with small grainy marks. As abdominal leather is not beautiful and the price becomes cheap.

Himalaya Crocodile

Himalayan refers to white leather like Himalayas. The leather after tanning is out of color and has become “Himalayan”, but white coloration has been further made depending on the product.

Since Hermes Birkin started this Himalayan color, it is now popular in the market.

Welcomed a lot at Ponsai Village

We were welcomed by the village mayor and the mayor on this crocodile farm visit. Japanese people rarely come to the village. We had hospitality grandly at the meeting place in the town.

They let me speech.

Sit together with Mayer in this Region.

Our Crocodile Proposal

We would like to proactively communicate the charm of crocodile in order to excite the crocodile industry in Royette province.

Also we deal with “crocodile leather” of “tanning tanning”.

Review of features of vegetable tanning tannins

· Techniques used when tanning leather from ancient times
· It takes time and time.
· Environmentally friendly
· It becomes natural white named Wet White
· Leather ages and a distinctive taste comes out
· Color fixing is not better than chrome tanning
· The price is higher than the chrome tanning
· Thai market has few

Crocodile whole skin

I will send you the crocodile leather that has been planted. Even coloring in Himalayan can be arranged. CITES will also be issued.

Order made with Crocodile Leather

If you would like to make your own original product, please contact us from here. Original item using crocodile leather with plain texture is hardly on the market so can handle other valuable items . CITES will also be issued.

【希少】植物なめしのクロコ革!ロイエットのクロコダイルファームとなめし工場を視察しました。

クロコダイル 革製品

私たちのツアーでもとても人気のある商品であるクロコダイルレザー商品。仕入れツアーではその魅力を伝えさせて頂いています。

革製品やクロコダイル革は知れば知るほど奥が深い魅力的な商品です。

今回はその更なる魅力をお伝えする為に、タイ東北部のイサーン地域 ロイエットにあるクロコダイルファームに視察に行ってきました。

ロイエット県

タイの東北部のイサーンです。RIMNAMのガイドのナムもロイエット出身。飛行機だとバンコク(ドンムアン空港)からロイエット空港まで1時間弱くらいの距離。車だと7〜8時間かかります。

ロイエットはクロコダイルの養殖地として県でその産業をおしており、県内には60以上のクロコダイルファームがあります。

クロコダイル協会の会長さん自らお出迎え

空港に到着するとロイエットのクロコダイル協会会長さん自らがお出迎え。協会が2つあって、その2トップがわざわざいらしてくれました。

クロコダールファームを訪問

早速クロコダイルファームを訪問します。1軒目は長年クロコダイルファームを運営しているタイの老夫婦のファーム。

とても良い味が出ているタイのワニ飼育職人。

お一人様用の部屋が多数あります。お一人様用の部屋はクロコダイルの腹革に傷がつかないようにする為。

集団で育てると喧嘩などで腹革に傷がついてしまうので。集団飼いのようにスペースを有効活用出来ないので綺麗な腹革は価値・値段が上がります。

クロコダイル協会の会長さん自らプレゼン

会長みずから熱くクロコダイルについて語ってくれました。

このファームでは約700頭のクロコダイルを養殖しています。

パパワニとママワニ

クロコダイルは毎年1回春の時期に卵を産みます。1頭につき30〜40個の卵を産むとの事。池の側にある土の所に産卵します。卵は孵化する機械に入れて人工的に孵化させます。

養殖場ではオスワニ1匹に対して5匹のメスをあてがうハーレム状態。このファームではオス6頭、メスが30頭いて、その中でもヒエラルキーがあるとの事でした。これはどの社会でも同じかな。

子ワニ

孵化してから数ヶ月はとても小さくて可愛い。小さなスペースだけで充分です。

生後数ヶ月ワニ

1歳〜3歳のワニ

一般的に3歳〜4歳くらいまで育ててからワニを革にします。あまり大きくなりすぎると腹革の模様(竹斑)が大きくなりすぎてバッグや財布に適さなくなるからです。

クロコダイルに餌やり

餌は骨つきの鶏肉。ゴリっと骨を噛み砕きますが咀嚼は少なく蛇のように飲み込む感じです。爬虫類の食事は基本的に同じなのかと思いました。

加工工場を訪問

クロコダイルファームを一通り見学させてもらったら次は加工工場に訪問させてもらいました。

鞣(なめし)・タンニングについて

屠殺したクロコダイルから皮を剥ぎ原皮の状態ではすぐに腐ってしまいます。なめしは皮に加工をして耐久性や柔軟性をもたらし、皮を革にします。

植物タンニンなめし

木の樹液を固形にしたものがありまして それを水に溶かして皮をなめします。自然の物を使っているので環境にも良く長い歴史のあるなめし方法です。

時間と手間が掛かるのですがなめした後はウェットホワイトという自然な白色になります。

色の定着はクロムなめしに比較して良くないのですが、革はエイジングしていき独特の味が出てきます。

クロムなめし

化学品であるクロムを使って皮をなめす方法です。薬品を使うことによって簡単に低コストで早く皮をなめす事が出来ます。

クロムなめしで鞣した革をウェットブルーと呼びます。色の定着もよく水や傷にも強いのが特徴です。タイの市場にあるのクロコダイル革のほとんどがクロムなめしによるものです。

ウェットホワイトとウェットブルー

右:ウェットホワイト(植物なめし)
左:ウェットブルー(クロムなめし)

シャムワニとカイマンの違い

ワニにはクロコダイル科、アリゲーター科、ガビアル科といった種類があります。タイのマーケットに出ているワニ革は一般的にクロコダイルとカイマンです。

タイのクロコダイルはシャムワニと呼ばれ、シャムはタイを意味しています。カイマンはクロコダイルとは違い一般的に安価価格で取引されます。

クロコダイル製品を仕入れる時に気をつけなければいけないのは、安価なカイマンを誤ってクロコダイルとして仕入れてしまう事です。

またカイマンを誤ってクロコダイルとして販売するのも違法行為です。

クロコダイルとカイマンの見分け方

クロコダイル(シャムワニ)の背革

シャムワニの背中・首元にあるコブの形が写真のようになっています。このコブが単体である感じです。

カイマンの背革

カイマンの背中・首元のコブはこのような丸い形。またコブとその後の背びれが繋がっています。

また腹革ではカイマンには小さな粒のような跡が点在しています。腹革としては美しくなく価格も安価になります。

ヒマラヤン クロコダイルについて

ヒマラヤンとはヒマラヤ山脈のような白い色の革の事を言います。なめした後の革は色が抜けており「ヒマラヤン」となっていますが、製品によっては更に白い着色がされています。

エルメスのバーキンがこのヒマラヤンカラーを始めたので現在マーケットでは人気の色になっています。

ポンサイ村で歓迎される

今回のクロコダイルファームの訪問で村長さんや市長さんに歓迎を受けました。日本人が村に来てくれることは滅多にないとの事。町の集会所で盛大におもてなしをして頂きました。

何でもいいからしゃべってとスピーチをさせられる。

市長さんと同じ椅子に座るというVIP待遇。

RIMNAMのクロコダイル革のご提案

私たちはロイエット県のクロコダイル産業を盛り上げるために積極的にクロコダイルの魅力を伝えていきたいと思います。

また私たちが取り扱うのは「タンニンなめし」のクロコダイルレザーとなります。

植物タンニンなめしの特徴のおさらい

・古来から皮をなめす時に使われた技法
・手間と時間がかかる
・環境に優しい
・ウェットホワイトという自然な白色になる
・革がエイジングして独特の味が出る
・色の定着がクロムなめしより良くない
・価格はクロムなめしより高い
タイの市場にはほとんどない

クロコダイル1枚革

植物なめしをしたクロコダイルの革をそのままお送りします。ヒマラヤンでも着色したものでも手配可能です。CITESも発行致します。

クロコダイル革製品のオーダーメイド

自社のオリジナル製品を作りたいという方はこちらからお問い合わせ下さい。植物なめしをしたクロコダイル革を使ったオリジナル商品は市場にはほとんどないので、他にない価値のある商品をお取り扱いする事が出来ます。CITESも発行致します。

タイ仕入れツアーのお申し込みはこちらから

タイ 仕入 ツアー

ページの先頭へ